旭亭だより

年金暮らし老人の近況報告です

2024-06-01から1ヶ月間の記事一覧

一度トラブルがあるところは

少し前にある手続きのことで言い争いをしたと書きました。それを避けることができなかった自分が不甲斐なくて、数日間気落ちしていました。その手続きがすんだとの通知が届きました。私の請求とはだいぶ差があります。請求の根拠とした添付書類を、読み違え…

手術から一ヶ月

手術から一ヶ月が過ぎました。腹腔鏡による手術でしたが、それでも当初は痛みがありました。その後は胃もたれも。今はどちらもすっかり治まりました。食事もおいしく、体重も少し増えました。目標は55kgですが、そこでうまく止まってくれるといいのですが。

ハーフパンツ

夏はほとんどハーフパンツで過ごしています。病気で痩せ、サイズが合わなくなりました。Tシャツは大きめでもおかしくはありませんが、パンツはそうはいきません。で、ハーフパンツを2本買いました。ついでにTシャツもね。

ウメにもオオスカシバの青虫が

オオスカシバはクチナシだけに卵を産み付けると思っていましたが、そうではないようです。ウメにも青虫がいました。鉢は離れていますので、クチナシからウメに引っ越したのではないでしょう。オオスカシバの幼虫は大食らいなので、可愛くても見つけるとすぐ…

Tシャツ

この1年間はずっと病気で、通院費用は小遣いをあてていましたから、買い物をする余裕がありませんでした。だから昨年はTシャツさえ買っていません。若い人なら山のように持っているのでしょうが、私の在庫は12枚で、絵柄のあるものが好きです。さて今年は買…

帰ってきたオオスカシバ

クチナシの鉢の廻りに黒い粒粒が落ちていました。3年ぶりにあいつ、オオスカシバが帰ってきたのです。枝に手をやるとムニュッという感覚が。探すまでもなく見つかりました。角のある方がお尻です。困るのは、つぶしちゃったけど、可愛すぎることです。

杉浦明平

杉浦明平の本を読んでいます。明平さんと呼びかけたくなるような風貌の人です。一高時代から伊藤律と親交があり、戦後日本共産党に入党し、生まれ育った愛知県渥美町の町会議員をしていたことから、ずっと敬遠していた作家でした。中野重治は愛読していたく…

味の好みが変わってきました

いろいろな肴が並ぶ居酒屋が大好きな私ですから、料理に関する意見などありません。好き嫌いもなし。でもこの頃、濃い味付けが苦手になってきました。コーヒーもさっぱり目がいい。医師からは何を食べてもいいと言われています。酒もほどほどなら、とも。が…

昼が長いというだけで嬉しかった頃

昨日は夏至でした。そして関東地方は梅雨入り。子供の頃、夏至の日にはうきうきしていました。昼が長いからです。でも梅雨のさなかで、晴れることはあまりありませんでした。七夕もそうですね。

老いて二度(ふたたび)児(ちご)になる

歳を取ると子供に戻るといわれますが、自身がそうであるとはまだ思えません。それとは違いますが、子供にはもう敵わないとは少し前から感じるようになりました。この場合、子供とは私の子二人を指します。「まだまだだな」と見下していた子供たちに追い越さ…

エミール・ギレリス

落ち込んでいるときは単純な作業をするに限ります。いつの間にか時が過ぎ、手許には収穫物が残ります。やればできるんだ、です。あまり聞いていなかった演奏家の作品をリッピングしています。今はウクライナ生まれのピアニスト、エミール・ギレリスです。

クレーマーなのかも

とある事務的な手続きのことで電話で口論してしまいました。先方が杓子定規な応対をすることは予想していましたので、下手に出て丁寧に説明したのですが、だんだんと強い言い方になってしまいました。中年の頃まででしたら、言い負かしたと得意になっていた…

『平家物語』

花田清輝著『小説平家』を読んでいたら『平家物語』が読みたくなりました。『小説平家』を読了しましたので『平家物語』に移りました。最初から読むのではなく「海道下り」からにしたのは、その辺りのことをあまり覚えていなかったからです。また『小説平家…

なんの幼虫かな

ウメの鉢の廻りに黒い糞がたくさん落ちていました。蛾の一種が卵を産み付け、それが孵ったのでしょう。糞は1mmくらいですから、相当大きくなっているはずです。すぐに幹にしがみついている幼虫が見つかりました。体長は50mmを超えていました。

胃もたれ

食後の胃もたれが続いています。たぶん体がまだ元に戻っていないのでしょう。我慢できないほどではないので、薬は飲んでいません。

花田清輝『小説平家』

花田清輝著『小説平家』を久しぶりに読みました。花田の本は、私には平岡正明の本と同じように、読み終えると別の本を読みたくなる中毒性があります。内容が突飛で面白すぎるからです。『小説平家』は平家の人人が主役の小説ではありません。花田が『平家物…

ウチワヤンマ

ベランダにトンボがとまっていました。オニヤンマと思ったのですが、尾の先が膨らんでいます。たぶんウチワヤンマでしょう。

嬉しいはずなのに

対症療法ではなく、病因を除くことにより治療が終わりました。望んでいた日が訪れたのです。嬉しいのですが、それを素直に喜べません。「気落ち」に似てはいますが、間違いなく喜んでもいるのですから、それは正確な言い方ではありません。人とは勝手なもの…

治りました

退院後はじめての診察に行きました。通院はこれにて終了です。症状を発してから約一年になります。その間、入院は三回。それが長かったのか、短かったか、よくわかりません。

次次に咲いています

たぬきの森(ベランダの鉢植え群)のクチナシは、花が少し小さくなりましたが、咲き続けています。全ての蕾が開くように、黄ばんだ花はすぐに摘みます。次の花はサルスベリですが、梅雨と猛暑の後です。

『6人の女』から『ファンタスティック5』へ

『6人の女 ワケアリな私たち』が終わってしまいました。とても素敵なフランスの「7人の女」のドラマでした。後続の『ファンタスティック5 情熱のパラアスリート』も面白そうで、ロスにならずにすみそうです。こちらはイタリアのテレビドラマです。

その気にならない

退院して一週間になりました。酒が飲みたくなる頃です。でも今回はその気が起きません。医師からは「診察日までは飲まないように」と言われていますが、それが歯止めとなっているわけではないようです。手術によって消化機能に変化があり、それに体がまだ順…

体が喜んでいるのかな

用事があり、昨日の午後はやや長い距離を歩きました。病気になってからも歩いてはいますが、足運びはぎこちなく、衰えを防ぐために仕方なくやっている感が拭えませんでした。もちろん楽しくもありません。でも昨日は違っていました。足がすいすいと、力強く…

お腹の痛みはなくなりました

咳が続いていますが、それでお腹が痛むことはなくなりました。熱は出ません。入院で一番心配なのは感染症です。その心配はないでしょう。

入院とストレス

昨日は喉の痛みがひどくなり、午後から寝ていました。熱はありません。今までの二回もそうだったのですが、退院後数日して体調が悪くなるようです。意識していなくても、入院中のストレスがそうさせるのかもしれません。

咳とお腹の痛み

まだお腹のあたりが痛みます。ヘソからカメラを入れたそうですが、縫い目はありません。退院時に入浴OKでしたので、手術後すぐにふさがってしまったのでしょう。二日前から咳が出るようになり、これがお腹に響き、かなりの痛みがあります。医師から「とにか…

全身麻酔者は夢を見るのか

今回の手術は20歳を過ぎてからはじめてのもので、全身麻酔も初体験でした。それで楽しみにしていたことがあります。麻酔中に夢は見るのだろうか、です。夢好きで、その記憶も長く保てる私です。強引な睡眠がどんな夢を見させるのか、興味津津でした。結論は…

クチナシが迎えてくれました

退院した私をたぬきの森(ベランダの鉢植え群)のクチナシの花4輪が迎えてくれました。ここ数年、花の数が減り、大きさも香りもいまいちだったのですが、今年は違います。肥料は変えていません。オオスカシバが卵を産み付けなくなったからでしょうか。

退院しました

4泊5日で退院できました。手術した箇所はまだ少少痛みますが、至って元気です。