旭亭だより

年金暮らし老人の近況報告です

ウメの枝

たぬきの森(ベランダの鉢植え群)に勢いがありません。新入りはなく、それまでのものは鉢一杯に育ってしまったからです。サザンカなどは葉さえ出しません。唯一の例外はウメです。枝も葉もてんこ盛りです。このままでは花が咲きませんので、かわいそうでは…

『アフリカ音楽の黄金時代』

ライス・レコードから発売されている『アフリカ音楽の黄金時代』を聞いています。CD2枚組で手許にあるのは第3集までです。アフリカのミュージシャンのアルバムは結構持っていますが、コンピレーションはこのシリーズだけです。私がアフリカの音楽を聞くよう…

昨日はきつかった

病院でいろいろな検査を受けてきましたが、昨日の検査はかなりこたえました。12時からのはずが検査が始まったのは2時間後で、検査時間も長く、帰宅したのは16時でした。それまで水しか飲んでいません。26日も病院に行きますが、こちらは問診だけですむだろう…

腹ぺこでも眠れるもんだ

昨日は三食お粥でしたので、寝るときには腹ぺこでした。そんなんで眠れるのか心配でしたが熟睡でした。目覚めたらそれほど空腹ではありません。検査は12時からでそれまでは何も食べることができないけど、辛抱しなくちゃね。

今日は三食お粥です

明日病院で検査を受けますので、今日は三食おかずなしの白粥、明日の朝食はなしです。食欲が出てきましたのでこれはつらい。それに薬も三種飲まなければなりません。明日の昼食を楽しみにじっと我慢いたします。

タケノコは大好物

ご近所からタケノコをいただきました。毎年いただいている千葉ものです。ということで今日はタケノコご飯です。若竹煮もいいな。炭火で炙った焼きタケノコをつまみながら冷や酒をグイッとなんて最高ですが、まだ当分は居酒屋に行けそうもありません。

"Ghosts" by Albert Ayler

アルバート・アイラーの「ゴースト」は知らないうちによく口ずさんでいる曲です。シンプルなんだけど飽きの来ないメロディで、ヨーロッパの民謡のようにも思えます。山下洋輔トリオ時代の坂田明はよくこの曲を演奏していました。途中に山田耕筰作曲の「赤と…

来週は忙しい

来週は二度病院に行かなければなりません。外科手術のための検査などで、それを参考に担当医が手術の可否を決めるそうです。簡単な手術と聞いていましたので、なぜそれほど手間がかかるのか疑問です。老人の手術には慎重になるのでしょうか。

ビタミン剤

新聞に掲載される広告と折り込みチラシの多くはサプリと美容液に関するものです。紅麹入りサプリが問題になり、サプリの方は減るだろうと予想しましたが外れました。今でこそこんなものを買う人がいるのだろうかと思いますが、人のことを言える立場にはあり…

こんなのはじめて見ました

昨日は寒がりの私でも、歩いていて羽織りものを脱ぎたくなる暖かさでした。あたりを見ると、サクラがまだ咲いているのにハナミズキが咲き始めていました。こんな風景ははじめてです。サクラの開花が遅れたせいでしょうが、私が中年の頃まではハナミズキは5月…

寒がりです

歳をとって一番変わったと思うのは寒がりになったことです。暑いのは苦手でしたが、寒さは平気でした。それが60歳を過ぎた頃から少しずつ変わっていきました。70歳少し前からは指先が冷えるようになりました。火照ることはありましたが、まったく逆になって…

読めない本はあきらめよう

通読できなかった理由の一番は、昨日書いたような「他の本に移ってしま」ったからではなく、内容が理解できないことです。くやしいが読める日も来るだろうと、泣く泣く(嘘です)書棚に戻していました。増える一方でしたが仕方がありません。何年か後に、そ…

遠藤正敬『戸籍と国籍の近現代史』

遠藤正敬(えんどうまさたか)著『戸籍と国籍の近現代史 - 民族・血統・日本人』(明石書店/2019年初版第4刷)を読んでいます。通読できなかった本ですが、今回はやります。小熊英二の『〈日本人〉の境界』(新曜社)を再読したくなってきましたが、読み終…

志ん生の背中を流す

古今亭志ん生の夢を見ました。住んでいるのは日暮里の家ではなく、落語家になった長男(馬生に非ず)の家族と同居していました。もう高座には上がっていないようでしたが、とても元気そうでした。私は落語家志望ではなく、なぜ会いに行ったかはよくわかりま…

カレンソウとボケ

カレンソウが咲き始めました。蕾と茎の色が同じなので、いきなり咲いたという感じです。たぬきの森(ベランダの鉢植え群)では今ボケとカレンソウが咲いています。

intervention

昨日の東京新聞朝刊の『杉全(すぎまた)美帆子の読み解きアート』では埼玉県立近代美術館で開催されている「アブソリュート・チェアーズ」が紹介されていました。「今回の展覧会は「座れない」作品がほとんど。「座る」以外の椅子が持ついろいろな面を、現…

息があがる

外を歩いていて膝や腰が痛むことはありません。これなら以前のような散歩もできるのでは、と期待してしまうのですがそうはいきません。ゆっくり歩いていても息があがり、苦しくなるのです。肺活量が相当墜ちているのでしょう。病人なのですから無理は禁物。…

どですかでん

春のテレビドラマ、テレビ東京の『季節のない街』がおもしろそうです。監督・脚本が宮藤官九郎に濃~い俳優陣そして演技派の猫。こりゃたまりません。濱田岳の走るシーンが『あまちゃん』のオープニングのパロディーならそこに流れる音楽ももしや?と思って…

こっちの公園なら大丈夫

サクラの写真が1枚もないのもさびしいので、先ほど撮ってきました。今日び、人が写り込むのはまずいのではないかと思い、選んだのがこの公園です。案の定誰もいませんでした。

老人と病気

退院してからはじめての診察に行ってきました。手術日の話になるものとばかり思っていましたが違いました。手術ができるかどうか、いくつか検査があるのだそうです。病気の具合がわるいのではなく、手術に絶えられるかどうか調べなければならないとのことで…

影を見てがっくり

前を往く自分の影のウエストの細さに驚きました。病気で痩せ、それまでのズボンがはけなくなりました。ズボンはウエストのサイズを計測して買っていたのですが、とりあえず安いもので間に合わせようとMを2本買いました。それでもかなり余裕がありました。そ…

音楽

本は関わりのないものを何冊か同時に読んでいます。音楽は時代、作曲家や演奏家などでくくって聞いています。いつの間にかそうなりました。入院前にはハードバップを聞いていました。退院後に聞いたらどうもいけません。その後のジャズもだめでした。次に聞…

VRゲーム

月曜日から始まったNHKのドラマ『VRおじさんの初恋』を見ています。主役の野間口徹のファンなのです。15分の番組ですからどんなストーリーなのかはまだわかりません。でもVRゲームが出てくる夢を見ました。単純さに、毎度のことですがあきれています。友人が…

今はこれが限界

用事があり4kmほど歩きました。心配でしたが循環バスの通る道に沿ってでしたので、苦しかったらそれに乗ればいいと考えスタートしました。家の近くはソメイヨシノばかりなのですが、その道ではヤマザクラが多く見られました。公園や公道と、個人の庭との違い…

思い通りにはいかないね

4月になったら外に出ようと決めていました。昨日の計画では、明日は朝から晴天だから、ゴミを捨てたら近くの公園に行き、桜の写真を撮ろう、でした。なんと雨。しばらくしてやみましたが、公園の桜はまだ咲いていませんでした。

痛み

退院してからもずっと続いていた患部の痛みがやっとなくなりました。気分も上向きになり、継続する痛みはそんなところにも作用することを実感しています。

管付きです

入院した日に患部に管を通し、膿を出すようにしました。前回も同じ処置をしましたが、管を出すのは今回は右側で前と逆です。1週間で膿の排出はなくなりました。管は取り出さず、画像検査時に造影剤を入れるのに使っています。管があると風呂に浸かることがで…

入院費

入院費の請求書が届きました。今回は一般病室に空きがなく、差額のある部屋に入院しました。個室ではなかったのですが、その差額がなかなかのものです。数年前に癌保険を解約しました。解約金があり、それには手を付けませんでした。癌ではなく、他の病気の…

外出は4月になってから

昨日は久しぶりの晴天でした。天候にあわせたように気持ちが湿っていましたので、出かけようかと思いましたが、はたして歩けるのか、自信がありません。外出は4月からと決めていましたので、それに従うことにしました。退院1週間で抗生剤の投与が終わりまし…

読書再開

入院中に再読しようと考えていた水野直樹著『創氏改名 - 日本の朝鮮支配の中で』(岩波新書/2008年第1刷)を読んでいます。初読のときは姓と氏の違いも知りませんでした。戸籍についても知りたくなり、何冊か本を買いました。相変わらず忘れていることが多…