旭亭だより

年金暮らし老人の近況報告です

林檎の木の下で

リンゴの花

鉢植えのリンゴの木が今年二度目の花を咲かせています。昨年もそうでした。
花粉の付け方がわからないので、買ってきた年しか実を成らせることができませんでした。そのせいで季節外れの花をつけるようになったのかも知れません。


リンゴやその花を歌った曲はたくさんありますが、私は「林檎の木の下で」が一番好きです。それも創唱したディック・ミネのものより、おおたか静流の歌唱によるものが好きです。
ちあきなおみのカバーはオリジナルを遙かに凌いだものが多いのですが、おおたか静流のそれは、アレンジのせいもあるのでしょうが、その曲の別な面を伝えてくれるのでとても面白く聞くことができます。
  たのしく頬寄せて恋を囁きましょう 真紅に燃える想い林檎の実のように
旭亭のリンゴの木の下で恋を囁くことができるのは、小さな虫くらいでしょうね。