旭亭だより

年金暮らし老人の近況報告です

『平家物語』

花田清輝著『小説平家』を読んでいたら『平家物語』が読みたくなりました。『小説平家』を読了しましたので『平家物語』に移りました。
最初から読むのではなく「海道下り」からにしたのは、その辺りのことをあまり覚えていなかったからです。また『小説平家』とも関係があります。本は読む年齢によって感想が違ってくることを、まざまざと思い知らされています。
『小説平家』で海野小太郎幸長が第一章以外は後景に退くと書きましたが、読み終え、あの作品の主人公は幸長であると考えています。