旭亭だより

年金暮らし老人の近況報告です

老いて二度(ふたたび)児(ちご)になる

歳を取ると子供に戻るといわれますが、自身がそうであるとはまだ思えません。それとは違いますが、子供にはもう敵わないとは少し前から感じるようになりました。この場合、子供とは私の子二人を指します。
「まだまだだな」と見下していた子供たちに追い越されていると気づいたのです。感心し、嬉しくなり、少し淋しくなりました。
子供時代の私は親を馬鹿にしていましたから、子供たちもそうだったに違いありません。繰り返されることなのですが、それでも嬉しいものです。