旭亭だより

年金暮らし老人の近況報告です

こんな自分が嫌い

古希に近くなり、物欲や色欲はだいぶこそげ落ちてきたと思うのですが、一向になくならない気持ちがあります。金持ちがうらやましくてならないのです。
「そんなのどうでもいいじゃないか」と言い聞かせてみても、かたくなに拒否する下司な私なのです。