旭亭だより

年金暮らし老人の近況報告です

妻を殴る男たち

昨日の東京新聞夕刊のシネマガイドに、片嶋一貴監督の『天井の花』が紹介されていました。三好達治と後妻の慶子の生活を描いた作品です。慶子は萩原朔太郎の妹で、前夫は佐藤惣之助でした。三好はたびたび慶子に暴力をふるっていました。三好の詩は高校の教…

早朝の写真

朝の散歩はいつも手ぶら、歩くことが目的だからです。でも今朝はカメラを持って出かけました。夜明け前の空を撮りたかったのです。ピンぼけ、手ぶれ、予想通りでした。でもなんとか撮れましたが、この少し前が私は一番好きです。

富樫雅彦 & 菊地雅章 "Concerto"

ある小説を読んでいたら、主人公が私の大好きなアルバムを聞くシーンが出てきて、ちょっと驚きました。アルバム自体が地味なこともありましたが、その人物がこのような音楽を聞くとは思えなかったからです。富樫雅彦と菊地雅章(きくちまさぶみ)が1991年に…

喪中はがき

喪中はがきが届く時期になりました。差出人が知人だったはがきが、知人が亡くなり喪中であると知らせるものになってきました。こんな言い方は穏当を欠くものなのでしょうが、我が身に当てはめると、リハーサルが終わり幕が開いたように感じられてなりません。

Kindleは読みやすい

ますます小さい字が読みづらくなってきました。特に活字時代の文庫本は読むのに難儀しています。しかたなくルーペを利用することもあります。でも本を読んでいるという気がしません。本があまり安くならないので遠ざけていたKindleですが、簡単に文字を大き…

小顔になっちゃうかも

パーカーのフード、本当に暖かいですね。なんで今まで使わなかったんだろう。暖かすぎて顔に汗をかいちゃいます。汗をかくのは顔だけなので、続ければ小顔になっちゃうかもしれません。でも老人の小顔なんて、なんだか干し首みたいだな。昔、上野の科学博物…

フードをかぶると

あまりに寒いのでパーカーのフードをかぶって散歩しています。暖かくていいのですが、左右の視野が狭まりますので、道を横切るときには注意が必要です。ニットキャップの方がよさそうです。でも帽子をかぶる習慣がなく、なかなか買う気になれません。

昔が近寄ってきたような

子どもの頃は江戸時代なんて大昔のことと思っていました。ちょんまげに刀なんて漫画や東映映画で見るけど、本当だったかわからないよ。最近は違ってきました。記紀が撰上されてからまだ1300年も経っていないし、イエスの死だってたった2000年前のことなんだ…

冬支度

ガスストーブを出しました。冬支度終了です。ガスストーブは旭亭に越してきてはじめて使いました。それまではずっと石油ストーブでした。空気清浄機能の付いた中型と、これで暖まるの?と驚いたほど小さなガスストーブを買ったのですが、陽当たりがいいので…

5回目の接種をしました

新型コロナウイルスワクチンの5回目接種をしました。前回と同じ会場です。注射をした箇所が少し痛みます。でも今までで一番軽いようです。接種の翌日は散歩を休んでいましたが、今回は行くことにします。

シャコバサボテンが咲き始めました

たぬきの森(ベランダの鉢植え群)のシャコバサボテンが咲き始めました。夜は部屋の中に入れています。今年はサザンカが咲かなくて寂しいたぬきの森でしたが、鮮やかなピンクがそれを変えてくれました。サザンカの変色した蕾はすべて取り去りました。でも蕾…

悪夢退散

数年前から夜中に目覚めるようになりました。そのままでいればまた寝てしまいます。ただ、目覚める前に見ていた夢の続きか、似たような夢を見ます。嫌な夢を見ていたときは、布団から出て水を一口飲むことにしています。すると違う夢が見られるのです。最近…

センサーライト

散歩コースはなるべく自動車の通らない道を選んでいます。細い道なら大丈夫かというと、そうでもありません。ショートカットになっている道もあり、超過スピードで走り抜ける車が多く、ひやひやします。センサーライトを取り付ける家が増えました。秋冬は早…

バッグを買いました

十年以上前の父の日にプレゼントされたバッグを愛用しています。コールマンのメッセンジャーバッグなのですが、肩紐を長くして斜め掛けのショルダーバッグとして使っています。背中にバッグがあるのにはどうもなじめません。とても丈夫で、ほころび一つあり…

スティーヴン・デダラスを追いかけて

ジョイスの『ユリシーズ』は私にとって難攻不落の小説です。何度挑戦しても読み通せません。でも読みたい。そこで作戦を練りました。中心人物の一人、スティーヴン・デダラスに寄り添って読み進めてみたらどうだろうか。ふっふっふ、私は彼のことなら幼い頃…

鬼のような雲

昨日は穏やかで暖かい一日でした。ところが、夕方になって急に雲が出てきました。雲は、鬼のような形相で、手足を大きく広げ私に向かってくるように見えました。

ふくらはぎの痛みはなくなりました

昨日は雨で散歩は休みしました。今週二回目の休みです。おかげで右足のふくはぎの痛みがなくなりました。軽い疲労だったのでしょう。今日は月に一度のお楽しみ、床屋に行ってきます。

ガットギターの弦も

ガットギターを持っていますがここ数年間はケースに入れたままです。先週エレクトリックギターの弦を張り替えたせいか、ガットギターの方もやってみる気になりました。ひどい状態になっているのだろうと恐る恐るケースを開けました。よくはありませんが想像…

熟睡できなくなったのは

夢は毎日見ます。でもそうなったのは、還暦を過ぎた頃からでした。以前は夢を見ない(覚えていない)ことの方が多く、「あー熟睡した」と気持ちよく目覚めていたものです。それが変わったのは、老化のあらわれと思えてなりません。ただ寝付きの悪い時期があ…

雨で一休み

今朝の散歩は雨が降っていたのでお休みです。ふくらはぎが少々張って痛みがありましたので、いい休息となりました。自分の体にはまったく自信がありませんが、足の太さは気に入っています。小学生のときは、太っているから足も太いのだと嫌っていました。中…

服の爆買いの最後は

ウールのコートを買いました。これで爆買いの仕納めです。男性用のウールのコートは地味な色が多く、安全のために目立つ服を心掛けている私には、これと思うものがなかなかみつかりませんでした。今回買ったのは、派手とまでは言えませんが、大柄のチェック…

夕焼けの色

朝焼け、夕焼けの写真がどうもうまく撮れません。シーンモードの夕焼けなんてまったくいただけません。フィルターを使うのがいいのでしょうが、持っているカメラがすべてコンデジなので、その気はありません。絞りとシャッタースピードを変えていろいろ試し…

ザ・クロマニヨンズ「東京ジョニーギター」

一昨日の便りのお題「アンプフルテン」の「フルテン」は、ギターアンプのコントロールノブのすべてを最大にすることを意味します。私はこの言葉を使ったことはなく、ザ・クロマニヨンズの曲で知りました。「エレキギター」という曲とばっかり思っていたので…

照明器具の交換

自室の照明器具を取り換えました。蛍光灯のペンダントライトをLEDのシーリングライトにしたのです。ペンダントライトは旭亭に引越してきたときのものです。20年以上使いましたが、その間一度も蛍光灯を替えたことがありません。デスクライトを使うことが多か…

アンプフルテン

先日買ったギターの弦をSGに張りました。ロックンロールを聞きながら散歩をしていたら、ギターが無性に弾きたくなってしまったのです。まずは2音のバッキング。基本中の基本です。キーはA。ところが、弾けるには弾けたのですが、左手の指がうまく拡がりませ…

『アンナ・カレーニナ』

『カラマーゾフの兄弟』を読み終えたとき、同時代に書かれた『アンナ・カレーニナ』も再読するつもりでした。今回読むのは望月哲男訳の光文社古典新訳文庫にしました。これは未読で、以前読んだのは木村浩訳の新潮文庫です。読み始めて、思わずアンナの兄の…

町に道場があった頃

私が住んでいた浅草橋場ではないのですが、白鬚橋を渡った寺島町に柔道の道場があったことを、今朝目覚めたときにふと思いだしました。特別の建物ではなく広めの民家で、稽古している様子が道路から見えたように記憶しています。剣道の道場は知りませんが、…

楽器店

立川の楽器店でエレクトリックギターの弦を買いました。ダダリオのライトゲージです。立川には楽器のメンテナンスをお願いしていた店があったのですが、そこは閉店されてしまいました。弦を買ったのはその近くにできた中古専門の店です。以前でしたら、中古…

ザ・ビートルズ『リボルバー』

今日のNHK-FM「ウイークエンドサンシャイン」は発売されたばかりのビートルズ『リボルバー』の新しいミックスを紹介するとのこと。購入の予定はなく、聞くことを諦めていましたの、楽しみにしています。『リボルバー』だけでなく、ビートルズのアルバムの新…

ワクチン接種の予約をしました

5回目の新型コロナウイルスワクチン接種の予約をしました。前回と同じ会場にしたのですが、月内の空きは1日だけ、それも残り1人で、即予約しました。第8波に突入しつつあるとのことから混み合っているのでしょう。